Pamfax

公式サイトはこちら。いわゆるインターネットファックスの一種で、2011年2月頃から使っている。特徴を主観的に書くと…
  • 送受信のFAXに広告は入らない
  • 受信はベーシックプラン以上が必要で年額料金がかかるが、0ABJ番号が付与される(約5,000円/年)
    • ただし今のところ日本は地域によらず03番号(東京)しか取得できない
    • この番号は発信番号通知で正しく通知されないらしい(非通知や通知不可になる)
      • 電話番号の割当事業者はKVHのようだが…
      • 業者宛なら多分大丈夫だが、一般家庭向けだとトラブルの原因になるかも
  • 送信料金はプリペイドで、支払方法はクレジットカードかPayPalで、約1,000円から選べる
    • 有効期限はあるらしいが…たまに使っていれば失効しない気が
    • 送信専用(受信不要)ならこの料金だけで使える
  • 国内へ1ページ送信で9~13円(円・ユーロのレートにより変動するっぽい)
    • 1ヶ所に1度に送る枚数が多いと安くない(通常のG3 FAXなら同額で5枚前後送れるはず)
    • 海外宛だと地域によっては割安になりそうだが、使ったことがない
  • 送信は若干即時性がなく、おおよそ5分前後かかることがある
  • 受信したFAXはPDFでダウンロードできる
    • 受信FAXは30日間しかPamfaxのサーバに保存されないため「プロフェッショナルプランを買えば永久保存できる」という広告がWeb UIに出るが、2012年10月頃から受信通知メールにPDF添付できるようになった
  • Windows版だと送信はプリンタに印刷するのと同じ手順で可能
  • Web UIだと各種形式のファイルを直接送信できるそうだが、ほぼ使ったことがない
    • これがまともに動かないことをもって詐欺だと言っている人がいるみたいだけど…
  • FAXヘッダーに日本語を入れると化ける(???になる)
    • 2013年4月頃改善されて、日本語が使えるようになった
      • その後また変更されて、印刷内容そのものが変わってしまった模様
  • Android版のアプリもあり、一応送受信ができる
    • カバーページにメモだけ書いて送れるのは簡単で便利だが、フォントがいけてない…いつの間にかフォントが変わった
  • 以前はSkypeクレジットと共有できた時期もあるらしいが、今はそういう機能はなくてSkypeを送受信通知に使えるのみ

RT58iにSIPクライアントを担わせて050IP電話でMymioを使っていながらアレだけど、今更FAXを使う機会も乏しいので、総じて受信用に使うのはありかなと思っている。メールにPDF添付できるようになったのでどこにいてもスマホで簡単に開けるようになり(Androidアプリから開くのは前から可能だが、添付ファイルを開くよりは煩雑)、ますます便利に。

送信の使い勝手の評価は人によるかも。FAXを持っておらず、送信がうまく行かなければコンビニに行くつもり程度ならいいんじゃないかな。

(2012.11.05 - 2015.08.29)

Comments