通信料金の変遷

これもそのうち忘れそうなので...。

固定回線(インターネット用)

Webに限定すると最初にインターネットを利用したのは1996年の春か夏頃で、PC-VAN(BIGLOBEの前身)の「パソコン通信」のおまけ的なサービスで、WorldTALK(テニックが作っていたブラウザらしい)という専用ブラウザでのみアクセスすることができた。当時は同一MA(市内通話圏内)にPC-VANのアクセスポイント(ダイヤルアップ先)がなく、隣接MAだったから通話料が90秒10円で、その上にPC-VANの従量制料金もかかるという体系で、常用できるものではなかった。

当時PC雑誌では色々なISPが紹介されていたが、普段利用することを考えると同一MA内にアクセスポイントがないと困るので大手は選べず、地元のSan-inNet(セコム山陰のISPサービス)を使い始めたのが1996年10月で、確か2000円/月の定額で、INSテレホーダイ(23~8時の通話料が2400円の定額)とで合計月額5000円弱かかっていた。ただアナログ回線とINS64回線の計2本が引いてあった(INS回線自体はアナログ回線からの変更で、その時点ではi・ナンバーのサービスがなかったからだと思う)。大体60kbpsくらい出るのが普通、という感覚だった。

その後2000年(高2)頃にフレッツ・ISDN(INS64における全時間帯定額サービス)が始まったらしいが、大都市圏先行なので地方はいつサービスインするのかわからず、CATVインターネットもなく、結局使うことなく大学に進学した。

「携帯電話は不要」との方針もあって2本あった電話回線のうち1本を持って引っ越した(この時点では前述のi・ナンバーが使えたので、両番号を残してINS回線にまとめることができた)。ちょうどYahoo!BBが安価なADSLサービスを始めたところだった(競合のフレッツADSLと比べると同1.5Mbpsプランより安かった)ので、持ち出したアナログ回線(2級局・月額1600円)とYahoo!BB(月額3000円くらいだったっぽい)で初めて常時接続環境となった。下り800kbpsくらいしか出なかったがそれでも10倍以上になった。

2004年秋に近所の工事の影響か何かでADSLがリンクしなくなりBフレッツ・ニューファミリータイプへ。この時点で加入電話を廃止した(ひかり電話はまだなく、IP電話がメインだった)が、それでも月額約7000円に(Bフレッツ5460円+WAKWAK 1050円+α)。しかし速度が少なくとも更に10倍以上になった。

2006年に就職・上京したら寮ではBフレッツ・マンションタイプ1(VDSL)が使えたので月額4500円くらい(Bフレッツ3412円+WAKWAK 630円+α)に。体感速度は気になるほど変わらなかったので、コストパフォーマンスはこのときがいちばんよかった。

2010年に転職・引越でフレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプミニ(光配線)となり、また少し割高になって月額5000円強(フレッツ光4620円+WAKWAK 630円+α)に。その後レンタルだったIP電話対応ルータを返却したり、プラン変更はないが2012年秋頃にONUのレンタル料がなぜか下がり(945円→367円)、月額4600円弱に。

そう考えると条件が変わっても大体ずっと月額5000円くらいなんだな…。

移動回線(インターネット用)

時期 キャリア・端末
料金
2006-01 bitWarp PDA
(So-netのwillcom MVNO)
PDA専用プラン、月額2,100円。確か4x(最大128kbps)。SHARP Zaurus SL-C1000で使っていた。
この後PDA限定ではないプランにしたり、willcomが2年間980円キャンペーンなどしたので何度か同じようなプランを乗り換えた。
2008-10
e-mobile S21HT
(Touch Diamond)
ケータイプランでパケット代上限が4,980円、アシスト1600(割賦)、EMnet 300円などで月額7,000円程度。
USB(Remote NDIS)またはBluetooth(DUNではなくPAN)でテザリング可能(料金同一)で、遠征のときに重宝した。
下り実効1Mbps程度。
2010-11
UQ WiMAX
URoad 7000SS
Touch Diamondが2年経過のため乗り換え。年間パスポートで月額3,800円。翌春に端末を紛失してしまい、端末がAterm WM3500Rに。下り実効2~6Mbps程度。
2011-06
イオン限定b-mobile SIM
プランA(上下100kbps)
(docomo FOMA MVNO)
100kbpsとはいえ月額980円。最初は予備にしていたが、2012-03に上記WM3500Rが1年経過のためPWR-Q200を手配して乗り換え。
引退したWM3500Rとこの頃に入手したe-mobile D25HWは1day orプリペイド利用のための予備機になった。
2012-08
DTI ServersMan SIM 3G 100
(docomo FOMA MVNO)
上記と似たようなDTIのサービスで月額490円。最初はPWR-Q200で使っていたが、秋頃からP-01Dで使用。その後PWR-Q200は解約した。
2013-02
e-mobile GL06P
初LTE端末。月額3,880円。1.5Mbps~10Mbps程度。上記DTI SIMとは併用。
2015-02
IIJmio 高速モバイル/D 上記GL06Pが2年経過のためe-mobileとDTI SIMを解約して移行。GL06P本体はそのまま使用。ファミリーシェアプラン(月7GBまで)で月額2,768円。1Mbps~10Mbps程度。
2015-06
IIJmio 高速モバイル/D SO-02GでMVNO SIMでもテザリング可能になり、SIMが1枚で済むようになったたためミニマムスタートプラン(月3GBまで)に変更。月額974円。
2016-02So-net 0 SIM
月500MBまで無料のMVNO SIM。予備として契約。GL06Pで使用。
2016-03
みおふぉん
(IIJmio 高速モバイル/D)
下表の通話端末のMNPに伴い、音声通話機能つきへ移行。月3GBまで使えて1728円。

携帯電話(主に通話用)

S21HT購入まで、携帯のパケット通信はメールくらいしか使っていなかった。

時期 キャリア
料金
2003-03 Vodafone
プリペイドで最低2ヶ月3000円。通話1分60円。
メール受信無料(ショートメールのみ)、送信は…8円だったっけ。
2004-03
au
基本料金3600円がガク割で半額の1800円、
EZweb 300円、パケット割1000円で計3000円強。
無料通話1000円、30秒20円。
パケ割はメールだけなら足りたが時々変更してた。
2006-03
au
学割ではなくなるが家族割で変わらず。
WIN機にしたのでダブル定額ライトになったが金額変わらず。
2009-05
au
プランSSシンプルとなり、基本料が1868円の半額で934円。
EZ WIN 300円、ダブル定額スーパーライト372円。計2000円程度に。
2012-02
e-mobile
スマートプランライト580円、通話定額(1回10分、月300回まで)1,400円、EMnet315円、月額割600円引で月額1695円。e-mobileを発信用に転換。auと併用。
2014-09
au
電話カケ放題(ケータイ)プラン開始に伴い移行。EZwebだけ残して月額2703円。Y!mobile(上述の旧e-mobile)は通話定額をやめて着信用とし、スマートプランライト・にねん得割で月額291円。
2015-02
au
電話カケ放題(ケータイ)プランが結局ペイしないので元に戻す。プランSシンプル、EZweb、ダブル定額スーパーライトで月額2,403円。Y!mobile(旧e-mobile)はそのまま。
2015-04
Y!mobile(ケータイ) au端末不調かつストレート端末が出ないのでMNP。ケータイプラン(という名称のPHS)、だれとでも定額などで月額3305円。Y!mobile(旧e-mobile)はそのまま。
2016-03
みおふぉん
(IIJmio 高速モバイル/D)
旧e-mobileの3G(1.7GHz帯)のサービス終了(2018年1月)に伴いMNP。上表の通信端末として使っているSO-02GのSIMを交換する形に。

(2012.06.30 - 2016.03.07)

Comments