1. PC関係‎ > ‎

PC-OP-RS1関係のメモ

赤外線学習リモコンで、PCからはUSBシリアルデバイスに見えるため、色々な方面で活用されていた。

FreeBSD

FreeBSDでは6.1の頃に使い始めて当初は何やらやらないといけなかったが、そのうちuftdiドライバで普通に動くようになった。

/dev/cuaU0で見えるはずだけど、一般ユーザ権限で使うためのパーミッションが不足するので /etc/devd.conf に

attach 100 {
        device-name "uftdi0";
        match "vendor" "0x0411";
        match "product" "0x00b3";
        action "/bin/chmod 666 /dev/cuaU0";
};

と追記した(デバイスの番号が決め打ちだが)。書いたら/sbin/devdを再起動&抜き差し。

CentOS

lsusbやdmesgでちゃんと見えることを確認したら

# modprobe ftdi_sio vendor=0x0411 product=0x00b3

しろという話が出てくるが、

modprobe: ERROR: could not insert 'ftdi_sio': Unknown symbol in module, or unknown parameter (see dmesg)

となってしまう。dmesgは

ftdi_sio: Unknown parameter `vendor'

なので、これは何か仕様が変わったのだろうと思って探したら、今(CentOS 7以降かな)は

# modprobe ftdi_sio
# echo 0411 00b3 > /sys/bus/usb-serial/drivers/ftdi_sio/new_id

するのが正解らしい。cf. ModProbe ftdi_sio doesnt work - CentOS Forums

FreeBSDと同じくパーミッションが不足するので、/etc/udev/rules.d/50-udev-default.rulesを作る。

KERNEL=="tty[A-Z]*[0-9]|pppox[0-9]*|ircomm[0-9]*|noz[0-9]*|rfcomm[0-9]*", GROUP="dialout", MODE="0666"

cf. Ubuntuでminicom起動すると/dev/ttyUSB0のパーミッションがないと言われる - kinnekoさん

(2008.06.06? - 2015.12.10)
Comments