1. PC関係‎ > ‎

Stora

NETGEAR Stora(ストラ)

お仕着せNASであるが、いくらディスクなしとはいえ1万円ちょっとという価格についカッとなって…。もちろん玄箱のDebian化のようなことができたらいいなという前提で。

ただのLinux箱にする過程

  • ARMなのでちょっと敷居は高いかも知れない。
  • 今後のアップデートを考えると、なるべく特殊なことはしたくない気味。
  • CPUはそれなり(88F6281 1.2GHz)だがRAMは128MBしかないので、メモリを食う処理は期待できない。大まかなスペック感としてopenssl speedの結果の一部
    sign verify sign/s verify/s dsa 512 bits 0.002573s 0.003043s 388.6 328.6 dsa 1024 bits 0.007361s 0.008835s 135.9 113.2 dsa 2048 bits 0.024208s 0.028605s 41.3 35.0
    なおAtom 330(1.6GHz)の場合
    sign verify sign/s verify/s dsa 512 bits 0.001305s 0.001500s 766.0 666.8 dsa 1024 bits 0.003485s 0.004159s 286.9 240.4 dsa 2048 bits 0.011275s 0.013585s 88.7 73.6
    なんでざっくり倍半分?

SSH

もちろん通常は提供されていないが、daemon自体はもともと立ち上がっていて次のようなユーザ名でログインするといけるらしい。こういうことをしたい人は必ずするから、なぜこういう中途半端なことになっているかはよくわからない。

ユーザ名_hipserv2_netgear_ハイフンを含む19桁のProduct Key

ユーザランド(?)とか気になるとこ諸々

  • /bin など見る限りはbusyboxではないらしい。
  • ハードディスクは基本的に /home になっているらしい。
    /dev/md0 1.9T 59G 1.8T 4% /home
  • swapは512MBあるらしい。swaponは試してない後述。
    Swap: 511992 9208 502784
  • 自動で作成される「マイ ライブラリ」などのフォルダ名は、英語の予約語をマップしているのではなくUTF-8そのもの…。

ipkg

何よりコンパイラもないので、取り敢えずipkgを使って提供されているバイナリを使う方法がある。

好みに応じて

/opt/bin/ipkg install screen /opt/bin/ipkg install gcc

OpenStoraのサイトでは/optを/home/optのsymbolic linkに書き換えてしまっているので問題ないが、追加で入れるときには何らか注意が必要かもしれない(例えば/binはハードディスク上ではない、とかそういう点で)。

ポート開放

デフォルトでiptablesが動いており外側から特定ポート以外アクセスができないため、ちょっと変更が必要。

Disableはいくらなんでも怖いので、/etc/iptables/config に追記してみた。sudoして

TCP_OPEN_PORTS_EXT="12345 12346"

その後

/etc/init.d/iptables restart

swap追加

やっぱりメモリ128MB・swap 512MBだとつらいこともあるので…。

# dd if=/dev/zero of=/home/.swap bs=1M count=1024 # /sbin/mkswap /home/.swap # /sbin/swapon /home/.swap
% free total used free shared buffers cached Mem: 125588 122752 2836 0 52 65820 -/+ buffers/cache: 56880 68708 Swap: 1560560 501568 1058992

このままだと再起動時に追加swapがマウントされないが、私は必要としないのでこのまま(cpanを使ってるときにメモリ不足になるとかそういう程度なので…)。

(2011.11.19 - 2012.01.04)

Comments