1. PC関係‎ > ‎

MUK0511-E

このページはUPSの制御ケーブルを自作する一般的な手順の参考のために残しているメモで、当該UPSはかなり古い機種です。YUMIC-SNA003Aも参照。
(…という注釈をつけてから更に大分経ってしまったが、UPSの制御がまだRS-232Cだった時代のお話。)

ピンアサインと信号

マニュアルによるとこんな感じになっている。

  • 8 BL(バッテリ電圧低下予告)
  • 6 BU(バッテリ運転信号)
  • 2,4 COMMON
  • 3 BS(UPS シャットダウン +)
  • 7 BS(UPS シャットダウン -)

信号については次のようになっている。

  • BU…バッテリ運転時ブレーク
  • BL…バッテリ電圧低下予告時メーク
  • BS…12V 30ms 以上

この種のオープンコレクタとか無電圧接点とか呼ばれる(MUK0511-E の場合マニュアルにリレーのような記号があるので本来の意味でのオープンコレクタではないような気もするが)インタフェイスを持っている UPS は多数存在するようで、以下のサイトではオムロンの UPS で同じようなことをやっている。

いわゆる WindowsNT 用の場合

オムロンと同じように適当に結線してみる。

  • BU→CTS
  • BL→DCD
  • BS←DTR

あとは 2,4,7 を全て TxD と接続し、RTS と BU/BL 間を適当な抵抗をはさんで接続する。多分 UNIX 系 OS だと 2,4,7 は GND に接続することになる気がする(genpowerd とかの場合?)。結果このようなケーブルになる。どういうわけか抵抗は 10kΩ にした。

(1) DCD ---+---------- BL (8) R (7) RTS ---+ R (8) CTS ---+---------- BU (6) (3) TxD ----------+--- COMMON (2,4) | +--- BS- (7) (4) DTR -------------- BS+ (3)

Windows での設定

[コントロールパネル]→[電源オプション]→[UPS]タブの[詳細]→[選択]から、製造元[一般]→モデル[カスタム]を選んで、[次へ >]で

  • 電源障害/バッテリ駆動 正
  • バッテリの低下 負
  • UPS のシャットダウン 正

とする。

(2007.11.17)

Comments